カナダ.バンクーバー近郊でケータリングサービスをしています。日々の生活、大好きなスケート、そして子供達の事を綴ります。


by precioushearts
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

間違ったDisney On Iceの楽しみ方☆

皆勤賞を狙っていたブログの更新も先週からちょっと途切れがち。
昨日は日曜日だというのに一日中料理してました。
中華麺作って、試作のパン作って、餅を作って、サーモンフレーク作って........ほぼ一日中こんな感じでした。
全ての片付けが終ったらもう足ぱんぱん。
やっぱ日曜日はのんびりだらだらといきたいな。


あっ、土曜日に念願のDisney On Ice行ってきました。
c0080075_215172.jpg

良かったよー。
子供達も大喜びだったし。
毎年Disney On Iceに行っているお友達情報では今年のは特に良かったらしい。
ショーが始まると末っ子、魂を抜かれたかのようにリンクに目が釘付け。
c0080075_101584.jpg

c0080075_102224.jpg



やっぱ主役はミッキー&ミニー。
c0080075_104953.jpg

彼らの早変わりがすごいの!
どうやって衣装あれだけの早さでかわれるんだろうって不思議でした。
それも彼らのスケート靴もあっという間に違う色の物を履いてるんです。
どうなってるんだろう?
滑りを見てたら下は普通にスケート靴だと思うんだけど、かと言ってカバーをかぶせてるって感じでなくもっとしっかりした特別製の靴っぽいから、履いたり脱いだりするの大変なはずなのに。
もしかしてミッキーとミニーだけは2組ずつ用意してるのかなぁ?


前半に一番最初のソロを滑ってくれたのが、ハロウィーンのガイコツくん。
c0080075_163373.jpg

この手前で格好付けてるガイコツくんくん、ソロパートでいきなり180度開脚のバレージャンプを披露してくれました。

えぇぇぇ!!!すごいじゃん!

私完全にここに参加するスケーターさん達をなめてました。
しかしそのガイコツくん続けてスリーターンからの3回転フリップ飛んだんです。

ま、ま、まじでぇ!!!

さらに3回転サルコーを飛んでくれたガイコツくん。
まぁ、びっくりだわさ。
さらにフライングキャメルスピンもできる様子。
やるなぁ。
ガイコツくんはナショナルクラスの選手だったのかなぁ?
もちろんジャンプの質で言うと回転軸もぶれがちであまり良いものではないのですが、それでもまさかDisney On Iceでそんな難しい、それも3回転のジャンプが見られるだなんて想像してませんでした。


そう、私はショーを楽しむのよりも彼らの滑りを見る方が忙しかったんです。
これは正しいDisney On Iceの楽しみ方とは絶対に違うんですけどねぇ。てへ。


そしてお次はプリンセスになりたいと夢見るミニーに妖精が魔法をかけ、
c0080075_1112775.jpg


ミニーはきれいなプリンセスになります。
c0080075_221294.jpg

ここの早変わりはすごかった!ほら、スケート靴もちがうでしょ。
神技。
って言うか絶対無理な早さだったので、別にもう1つミニーちゃんいるはず。

そして色々なプリンセスとプリンスが華麗な舞を披露。
c0080075_112828.jpg


が、私が今まで見てきたペアスケーター達とは女性のサイズが違います。
なので男性も歯を食いしばって頑張っています......。
c0080075_1134689.jpg



前半の部が終って休憩中。
売り子のお兄さん達がかき氷や綿菓子を売り歩いているのを見て、どうしてもそれが食べたい次女。
c0080075_1172371.jpg

ぶーたれてます。
ま、こう言う時なのでと特別にかき氷を買ってあげました。
が、それがなんと15ドルもするんですー。
ぎゃー、ありえんぞー。
15ドルなんてマサちゃん弁当でというとおかず詰め合わせ(小)とお弁当1つの値段じゃないの。
ディズニーグッズ、高すぎ。
頑張って買ってあげたはずのかき氷もあまり美味しくないと不評。

私、ぶーたれていいですか? いいですよね!


そして2部が始まり、世界旅行の始まり。
まず最初はハワイ。そう、リロ&スティッチの登場!
ワイルドな演出に会場大盛り上がり!!!
はっ!
c0080075_1214520.jpg

そしてこのがたいのいいお兄さんもフィリップ、トーループ、ダブルアクセルを飛んでくれました。最後のダブルアクセルでこけそうになるのを必死でこらえたお兄さん。オット、それを見て

「あれでこけたら痛そうだね」

うん、お兄さんもそれだけは避けたかったと思うよ。上半身裸だから。


お次は日本!
きれいでしたよ。最後に日本語で「ありがとー」っていってました。
c0080075_12525100.jpg

c0080075_1254885.jpg

友達情報では宇多田ヒカルちゃんの歌が使われていたのだとか。
でも歌っているのは彼女ではなく、外人さん。
日本語パートは一生懸命やってるけど、やっぱりあやしい。
宇多田ヒカルちゃんが歌ったのそのまま使えばいいのに。
そしたら英語も日本語もばっちりなのにね。なんでだろうね?


そして次はチャイナ。
c0080075_129866.jpg

そしてムーラン登場。写真ないけど。
なんとここで痛恨、カメラのバッテリー切れ。がちょーん。
彼女はなかなか上手でしたよ。
ソロで踊ってたし。
彼女は別のソロでレイバックスピンとキャッチフットスピンを披露してくれました。
このふたつのスピンは女性がやると本当にきれいですよねぇ。
うっとりします。


最後はトイストリーのキャラもでてきてみんなでフィナーレ。
そこでガイコツくんはトイストリーのバズに、がたいのいいお兄さんはウッディーに扮し、もう一人の女の子と3人でジャンプ!

男子二人はな、な、なんと3回転ルッツを飛んでました!!!

私は「おぉぉぉぉぉ!!!!」と大興奮してましたが、会場は「おぉ〜」って感じ。
私はマイクを持って叫びたかったよ。

「みなさーん、あれはとっても難しいジャンプなんですよー。大きな拍手を!!!」

さらに男子二人はフライングシットスピンを披露。
先日スケートアメリカで見た選手達とは実力差は歴然ですが、スケートを小さい頃からやってきている子達がこうやって別のアイスショーで活躍できるというのは素晴らしいことだろうと思います。
ま、そうは言ってもこのショーに入るのもとても狭き門なのでしょうが。


スケートを習うのはとてもお金のかかるスポーツですし、ナショナルクラスのそれも国際試合に派遣される選手にならないと金銭的にとてもとても苦しいのです。
国際試合に出られる選手でもトップでないと大変でしょう。
先日のスケートアメリカではアメリカのナショナルクラスの選手が自国の推薦枠で出場していたのですが、手にはぼろぼろのテーピング、そしてコスチュームは膝の部分は薄くなり肌が透けて見え、肘は破けていました。
そんな彼らが少しでも自分達のやってきたことを活かせる場があればなぁと思います。
とは言っても北米ではアイスショーの人気は下降線なのですが。
Disney On Ice、なかなかのレベルのスケーターがいると言うのが分かって、また違ったおもしろさがありました。
みなさんもDisney On Iceに行く機会がありましたら、そう言うスケーター達にいっそう大きい拍手を贈ってあげてください。


あっ、帰りには子供達に一個ずつグッズを買ってあげました。
c0080075_1473335.jpg

3つ買っただけなのに目が飛び出るようなお値段でしたが(「お弁当いくつ分だろうか」とつい計算してしまいます)、こういう機会だからこそのとっておきもたまには悪くないかなぁと思ってます。

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-12-07 01:56 | 我が家の話