カナダ.バンクーバー近郊でケータリングサービスをしています。日々の生活、大好きなスケート、そして子供達の事を綴ります。


by precioushearts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日本の素晴らしさを改めて思う

『お弁当屋さんの日記』を訪問してくださりありがとうございます。
励みになりますので応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


日本にいた頃は全く気がつかないのだけれど、日本を離れて初めて

『日本って素晴らしい国なんだなぁ』

と実感する事沢山あります。


うちの子供達は塗り絵が大好き。
いつも色鉛筆箱を取り出して来ては塗り絵に没頭します。
c0080075_143976.jpg


が、こっちの色鉛筆.......
c0080075_15794.jpg

すぐに芯が折れるのです。
もちろん色鉛筆を落とす子供達が悪いのですが、自分が子供の頃こんなに色鉛筆の芯が折れて不便だった記憶はありません。


c0080075_1173371.jpg
2〜3週間ごとに私が色鉛筆箱の色鉛筆を鉛筆削りで削るのですが、中の芯がボギボギ折れていて、毎回たくさんの色鉛筆がゴミ箱行きです。
さらに色鉛筆自体が曲がっているようなものもあるのです。
鉛筆削りに鉛筆を入れると鉛筆のお尻部分が大きく円を描くんです。
そんな鉛筆日本で見た事もなかったので、初めて曲がった鉛筆を削った時には衝撃を受けました。
鉛筆に使われている木もすかすかでとても質の悪いものですし。
最初は自分はまだ小さかったので気がついてなかっただけかなぁとも思ったのですが、色鉛筆を大量に削っていると明らかに質の良いものがあるのですが、やはりそれは日本のメーカーのものなのです。
そして鉛筆削りも使い勝手はあまり良くなくて、歯が堅く、鉛筆をガリガリと削りますし(かき氷を削っているような感覚です)、削りかすを入れる箱はあるのですが、箱に落ちずになぜだかいつも歯の周りにどんどんかすがたまっていくのです。
鉛筆の先に削りかすが着くようになったら、要注意。
このまま放置すると歯が完全に動かなくなります。
日本で使っていた鉛筆削りはもっとスムーズに鉛筆を削ってくれたような気が。
ましてや削りかすが歯の周りにたまっていくなんて事は考えられませんでした。
この鉛筆削り、決して安物を買った訳ではなく、値段的には真ん中よりも少し上の方の製品です。

改めて実感するのは日本にいた頃当たり前のように使っていたあらゆる物がとても質の良い、使う人の気持ちを考えて作られた製品だったんだなぁと。


今は日本全体が元気のないようですが、不思議だなぁ思います。
これだけ素晴らしい物、人がたくさんの国なのに。
皆さんも日本の悪いところばかりに目を向けるのではなく、日本の素晴らしい点(沢山あります!)に目を向け、そこを素直に賞賛しませんか?
自分の国を好きになる、それって一番の大きな力になると思います。

つくづく「私は根っからの日本人だなぁ。日本が大好きだなぁ」と思うこの頃です。

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2011-03-08 01:31 | 我が家の話