カナダ.バンクーバー近郊でケータリングサービスをしています。日々の生活、大好きなスケート、そして子供達の事を綴ります。


by precioushearts

<   2010年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

すっかりご無沙汰しちゃいました。
色んな情報がありすぎてどれについて書こうか迷っちゃううちにこんなに間隔が開いてしまいました。
心配をおかけしていたようですね。私は元気ですよー。
そしてのぞきにきてくださった皆様、ありがとうございます。嬉しいです。
ブログはお休みしていましたが「草の根運動」はちゃーんと活動していましたよ。
それも最高の成果を上げています。
よっしゃ!
c0080075_1411272.jpg



さて色々あったけど今シーズンも終りましたねぇ。
それも高橋くんと真央ちゃんのアベック優勝!いえ〜い!!!
c0080075_1474769.jpg

こだわってきた高難度ジャンプから向き合い続けた二人の優勝でこのシーズンを締めくくれたのは本当に良かった!
ま、女子の場合点数と順位にはむかむかむかとするけどね。
今回の女子の順位を決めたのは何だと思いますか?
実力?、ネームバリュー?、運?
私はズバリ

『滑走順』

だと思います。
ジャッジはたとえどんな演技をしてもキムヨナ選手は表彰台にのせるつもりだったような気がします。
ほら以前にもこう言うことあったでしょう。
国別対抗戦の時に真央ちゃんがショートですごくいい演技をした後で、おでんの具のような名前の会長さんが「真央の演技は素晴しかったけど世界選手権でのキムヨナの点数は超えるべきではない」とかなんとかって言ってましたよねぇ。
今回もオリンピックチャンピオンが台落ちするなんてとんでもないって感じだったんじゃないんでしょうか。だってそんなことが起きたらオリンピックでのインチキジャッジがばれちゃうじゃん。
なので彼らはそこは必死に死守してきました。
体裁を保つためだよ、絶対に。

地元選手だし上げ上げ来るかなぁと思っていたコストナーの点数が下げられた時に思いました。

『未来ちゃんを露骨にあげてくるつもりだ』

って。ショートの時に薄々は感じてはいましたけどね。
だって未来ちゃんも今までジャッジには散々な目に遭わされてきてたじゃないですか。でもダウングレードは1つとられたものの意外に点数が伸びます。
(そして未来ちゃんが今回上げられたのはオリンピックの素晴しい演技でアメリカの1番手の選手に昇格したんじゃないでしょうか。2番手に位置づけられた選手の点数は目もあてられないぐらい押さえられていますよね)
真央ちゃんが有無を言わせない演技をしてキムヨナ選手の上にきた時に、さらに確信。
未来ちゃんがそれなりに演技をまとめただけで絶対に微妙な点数の差で真央ちゃんの上にくる。
そのためのショートの順位&点数差。
最近このパターン多くない?
そしてめでたく例の彼女は3位でなんとか台にのれる。めでたしめでたし。
と言うシナリオが絶対組まれていたはず。

が、未来ちゃん大崩れ。

経験の差、若さが出ちゃいましたね。
そして最終滑走者はロシアのマカロヴァ選手。
さすがに彼女を2位につけるには無理がある。
と言う事で

「ヤバッ、キムヨナ2位になっちゃった。
3位じゃないとまたうるさいこと言われちゃうなぁ。
レピスト3位だよ。彼女いくつ3回転ジャンプとんだっけ?
もうこうなったらやけくそだー、このまま突っ切っちゃえー」

って感じではないでしょうか。
未来ちゃん崩れるって分かってたらコストナーを2位に入れとけば良かったねぇ、ジャッジくん達よ。(でもそうすればもし真央ちゃんと未来ちゃん両方良い演技をすればキムヨナ選手台落ちだから絶対に二人以外はキムヨナ選手の下におくしかなかったのではないでしょうか)
もし未来ちゃんの後ろでコストナーが滑って、今回のような演技をすれば彼女が表彰台にのぼれたと思います。そしてキムヨナ選手は3位だったでしょう。
だから私は今回の2位以下の順位を決めたのは滑走順だと思うのです。
ただミキティーの場合はどんなに良い演技をしても絶対に台にはのれないと思っていました。
日本人2人が台に乗るなんて絶対にさせてくれないと思っていましたから。
だからあそこまでのあからさまな下げ下げ採点だったんじゃないのかなぁ。
ミキティー、ショートの失敗は残念だったけど、フリーは最高の出来でしたよねぇ。
といってもこれはあくまで私の勝手な見解ですよ。


そう、選手達がそれなりに演技をまとめてくれたらもう彼らは思いのままに順位をつけられるんです。あげるつもりの選手が大崩れをしなければね。
(なのでここ2シーズンのキムヨナ選手はジャンプをパンクはしても絶対に転んだりしなかったのではないでしょうか。彼女も言っていたでしょ、転んだら演技構成点に響くって。知っていたのねぇ、きっと。
だって2年前の世界選手権までキムヨナ選手って転んでましたよねぇ)
そんな中、下げたくってしょうがないのに真央ちゃんが神演技をしたので嫌々優勝させるしかないって感じ。
でも何気にフリーは1位にはしてあげないぞと最後のあがきをする。

もうねぇ、嫌なの私。
素晴しい演技をした真央ちゃんがキス&クライで点数を見て口をぎゅっと結んで悲しそうな顔をするのを見るのが。
c0080075_1439189.jpg

この時も最高の演技にけちをつけるかのような点数でしたよね。by天野くん
c0080075_15124597.jpg



前はもっと無邪気に喜んだり笑ったりしていましたよねぇ。
c0080075_1544477.jpg

こんなに嬉しそうな真央ちゃんもう見られないのかなぁ?
c0080075_1553758.jpg

ここまでさかのぼるのだめ?
c0080075_15232755.jpg

c0080075_15235931.jpg



今噂のぶったまげコラムを書く方がジャッジについてもこんなコラム書いてますね。

「ファンのみなさん、もっとフィギュアスケートを楽しんで見てもらいたいですね」
 実は自分がジャッジをしている試合では、大好きなフィギュアスケートを楽しむことはとても難しいのだ、と彼は言う。(中略)
「今のお客さんはルールに詳しくて、まるでジャッジのような目で試合を見ている人がいるでしょう? それではもったいない、と僕らは思うんです。せっかくスケートを丸ごと楽しめる観客席に座っていられるのに」

はぁ?って感じ。
楽しめないようなひどいジッジングをするから私達がこんなにももやもやするんじゃないの。
べつに真央ちゃんだけに優遇するようなジッジングをしろって言ってるんじゃない。
スケータみんなの達成感いっぱいの顔を曇らせるようなおかしい採点をどうにかしろて言ってるのよ。

今回真央ちゃんの他にメダルを取るべき人達は彼女達だと思う。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキングに参加しています。励みになりますのでポチッとお願いします。
[PR]
by precioushearts | 2010-03-31 16:03 | スケート

大波乱の女子ショート!

女子のショートプログラムが終りました。
c0080075_3594161.jpg

まぁ何とも後味の悪い試合でしたねぇ。
って言うか良い演技なのに低い点数続出。

あっ、テクニカルジャッジはあの『天野さん』ですよ。

天野真さんは悪名高きダウングレード職人。特に日本人女子はやられまくりです。
彼は元男子シングルの選手で全日本で優勝の経験あり。
そしてペアに転向後して長野オリンピックに出場。
その後はテクニカルスペシャリストになり、現在カナダ在住。
(パトリック.チャン選手のコーチをしていたこともあったようです)

カナダに暮らす日本人と言う事で好感を持ったそこのあなた!
ダメ、ダメ、奴は味方じゃない。
はっきり言ってそんな思い違いをすると痛い目に合わされます。
『No More 親近感』でお願いしますよ。
鉄の鎧を着込んで向かい合うことをお薦めします。

もうねぇ、天野さんが受け持った試合はダウングレード祭り状態で、点数がすごくすごーく辛め。
今回も真央ちゃんのきれいに決まったはずのトリプルアクセルにもダウングレードをつけやがったらしい。セカンドのダブルトーループはもしかしたら....と思ったけど、まさかあのアクセルがとられるとは。


私が今ライブで見ているのはカナダのCBCのサイトなのですが、その実況をしているのはP.J.Kwongさん。
c0080075_2231394.jpg


P.J.Kwongさんは明らかに偏った実況をしていたオリンピックの時とは違い(その時のカナダの実況はエリザベスマンリー。カルガリーオリンピックの女子シングル銀メダリスト)、的確なコメント入れてくださる方です。
とは言ってもカナダのネットワークなのでカナダ選手を多く取り上げていますし、優勝候補には男子はパトリックチャン選手、女子はキムヨナ選手を選んでましたが....。
かと言って上げ上げコメントしまくりかと言うとそうではなく割合冷静に「彼らを選んだ理由はこうです。もし私にご意見があればメールください」って感じで好感が持てます。
オリンピックの時は本当にひどくって我慢出来ずにご意見させてもらいましたが、彼女は許す。(って言うか私何様!?)
ま、スポンサーの違いかも。
オリンピックは韓国企業のコマーシャル半端じゃなかったもんねぇ。
でもこのCBCのスポンサーはアメリカの化粧品会社(アムウェイ)。
P.J.Kwongさんも真央ちゃんの演技は好意的に言ってくださり、

「トリプルアクセルは私にはクリーンに見えるわ。でもその後の2Tはちょっとあやしかったかも」

と言っていて安心していたのです。
P.J.Kwongさんは回転不足か回転が足りているかをすぐに指摘してくださり、とても的確で公平な語り口の方ですし、選手の良いところ、きれいなエレメンツをちゃんと取り上げてくれている方です。
なのに....なのにぃ.......。

天野のバカヤロー!おかしなルールのバカヤロー!!スケート連盟のバカヤロー!!!

でもま、真央ちゃん2位発進。表情も良い感じ。
c0080075_343306.jpg

順位としてもいいし首位の未来ちゃんとも点数もそれほど開いていないし、前向きに考えるとするかな。
そしてキムヨナ選手と違う組でフリーにのぞめる!最高!!がははははー!!!
なんで別組がいいかって?だって公式練習からこんな調子なんだもの。
人の曲かけ練習中にこういう風な事をするのは明らかなマナー違反です。


って言うか彼女フリー出るのかしら?棄権する予感。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキングに参加しています。励みになりますのでポチッとお願いします。
[PR]
by precioushearts | 2010-03-27 04:16 | スケート
やったー!
高橋くん世界選手権で優勝!!
c0080075_0571380.jpg

それも守りに入らず4回転フリップ(超高難度!)を入れて素晴しい演技をしてくれました。
もう本当によかったですよねぇ。
私は最初の4回転フリップを降りたときから号泣。
だって4回転を回避すれば優勝はずっと簡単なのにそれでもあえて挑戦&降りたんですよ。
残念ながら4回転フリップは認定はされませんでしたが、彼の挑戦は2年前の世界選手権で4回転を回避してチャンピオンになったカナダのジェフリーバトルから始まった「4回転論争」に「男子チャンピオンには4回転が必要なんだと」男らしいメッセージが込められていたような気がします。


高橋くんは怪我で1シーズンを棒に振る前まではフリーで2本も4回転が入れられる選手でした。
彼の4回転はとても自然できれいに回りきって降りてくるとても質の高いものでした。
しかし怪我をして足にメスを入れる事でお休みした昨シーズン。
必死のリハビリで今期戻って来てくれましたが、シーズン前半はやはりブランクでなかなか彼の思うような滑りや試合運びをする事が出来ませんでした。
オリンピックも4回転を挑戦すると明言していましたが、私は

「いくら天才の高橋くんでもこれだけのブランクの後で4回転まで間に合わせるのは無理だろうなぁ。あと3ヶ月オリンピックが遅かったらなぁ....」

と思ったものです。
オリンピックでは4回転トーループに挑戦して残念ながら降りる事が出来ませんでした。
オリンピックの後も
『高橋は4回転を回避していたら金メダルが取れていたかもしれないのに』
という事を色んなところで目にしました。


そういう流れがありながらの今回の世界選手権。
オリンピックの金メダリストのエバン.ライサチェック(アメリカ)や、銀メダリストのプルシェンコ(ロシア)、ステファン.ランビエール(スイス)などの金メダル候補がいない中、高橋くんは金メダル候補の筆頭でした。
4回転を回避して演技をまとめるとぐっとメダルの可能性が高まるという、おかしいルールのもとでは4回転を初めから飛ばない(飛べない)パトリック.チャン(カナダ)は金メダルを取ってやるとかなり鼻息荒いようでした。

練習の様子を見たところ高橋くんの4回転の仕上がりは今ひとつのようでした。
その上4回転トーループではなくもしかすると4回転のフリップを入れるかもと言う事。
これにはぶったまげました。
というのも4回転を飛んでいる選手の持っている4回転ジャンプはトーループです。
トーループは6種類あるジャンプの中でも難度は一番低いのです。
そしてたまーにその1つ上の難度のサルコーの4回転を飛べる選手がいます。
しかしトーループからサルコウへはぐっと間口が狭くなります。
(それだけ難度もぐっと上がるし飛べる選手はほとんどいないのです)
ちなみにミキティーが飛んでいる4回転はこの難しいサルコーなんですよ。
しかし、しかし、これがフリップとなると今の現役選手で試合に入れられるのは高橋くんぐらいというぐらいトーループとは比べ物にならないぐらい超高難度のジャンプです。
4回転をプログラムに入れると言う事はその後の演技をまとめると言う事がぐっと難しくなるのです。
それだけたった1つの4回転ジャンプは気持ちの上でも、そして体力的にも負担のかかるものなのです。その上最近のルールでは難しいジャンプを飛んでも、ぐっと難度の低いジャンプをとんで加点をもらう方がお得なのですから。
まさに悪魔の誘惑ルールです。
でもね、そんな中、高橋くんは4回転のそれもフリップを飛んでくれたんですよ。

高橋くん、さいこーよ。まさに男前。

そして誰からも文句なしの金メダル。
ここ2年は4回転を挑戦もしなかった選手がチャンピオンになってきていたけど、高橋くんの挑戦&金メダルでこれからの男子の流れが変わったような気がします。
そしてずっと起こっていた「4回転論争」も一段落ついたかも。
そして皆さん、私達には最高のプレゼントがもらえました。
次の世界選手権まで高橋くんのことを

「王者」「チャンピオン」

と呼べるんですよ。はふぅ〜幸せ。
試合の後のメダリスト会見見ました。



高橋くん謙虚よねぇ。
「男子で4回転飛べない奴はへなちょこだ!」ぐらい言ってやればいいのに。
でもこういう風に心使いをできる高橋くんだからこそみんなから祝福される選手なんだろうなぁ。
しかし質問されているの高橋くんとジュベールばっかり。
4回転の話ばかりでチャンは居心地悪そうね。うししし。
しかしチャンは

「怪我をしたり難しいシーズンだったがここで結果が出せたことは金メダルの価値がある」
「いきなり4回転を2つ入れるのは難しいからまずはフリーに1つ入れて、その次のシーズンにはショートに2つ目を入れるかも」

はぁー!?ふざけんなよ。
怪我?シーズン前半ちょこっと休んだぐらいものだったじゃん。
って言うか私的には今回の銀メダルはジュベールだったと思います。
きちんとまとめた演技をチャンがしたのなら銀メダルは納得だったけど、彼の演技はかなりぐだぐだだったよねぇ。
って言うか相変わらずトリプルアクセル2本クリーンに揃えられないし。

4回転以前にまずはアクセルの練習したら!
4回転次のシーズンから入れるだぁ!?お前の言っている4回転はこれのことか?
大口たたくんだったらこれくらい出来てからいえよ!
(ちょっと求めるレベル高過ぎ?)
つぅかさぁ〜、てめえの態度にはいい加減頭に来ているんだぞー。
もっと他のスケーターに敬意を払え。
自分が出来ない難しい技をしている選手達なんだぞ。
いつまでも今のように甘やかされ続けるなんて思ってんじゃねぇぞー。
お前のせいでカナダのイメージがた落ちじゃねぇかよぉ。
いい加減にしろー、クソガキ!!!!!

あれっ?私どうしちゃったんだろう?記憶が飛んでるんだけど、何か言いました?
疲れているのかしら?おかしいわ。
さていよいよ今日は女子の出番。

頑張れ真央ちゃんー!ミキティー!あっこちゃんー!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキングに参加しています。励みになりますのでポチッとお願いします。
[PR]
by precioushearts | 2010-03-27 01:05 | スケート

取り急ぎ

今日は水曜日。お弁当の日です。
今はペアのフリーをやっているのでネットで観戦しながらお弁当作っています。

さて今週のメニューは
*チキン南蛮(付属のタレにからめタルタルソースを添えて)
c0080075_4472837.jpg


*肉じゃが
c0080075_4475772.jpg


*春雨の中華風サラダ
c0080075_4482735.jpg



デザートは焼き菓子です。
*ダコワーズ
c0080075_4495638.jpg


*スノーボール(レーズン/くるみ)
c0080075_4502290.jpg


*フロランタン
c0080075_525029.jpg


今日の裏メニューありません。
だってぇスケート見なくっちゃなんだもの。すみませーん。
さぁ、もうすぐで川口さん達の出番。あードキドキドキ。

頑張れぇ〜!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキングに参加しています。励みになりますのでポチッとお願いします。
[PR]
by precioushearts | 2010-03-25 05:03 | お弁当

間に合った!

今男子のショートプログラムやっています。
リアルタイムで見られるように情報を集めていたのですが、ロシアのサイトは見られませんでしたが、なんとCBCで見られる事判明。
やったー!!!
これから日本男子3人出てきます。うれしぃーーーー!!!

頑張って〜小塚くん、織田くん、高橋くん!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキングに参加しています。励みになりますのでポチッとお願いします。
[PR]
by precioushearts | 2010-03-24 23:38 | スケート
さてついに世界選手権始まりましたね。
今日はペアのショートプログラムがあり、ロシアの川口選手&スミルノフ選手の登場です。
今季最後の「白鳥」すごーく楽しみにしていたのにネットでライブ中継してない......。
がーん、なんてこったぁ。
今はISUのリザルトのページで順位がどんどん更新されていくのを見ている状態。
って言うか点数見てても演技どうだったか分かんないじゃんかよぉ。
えーん。



さてオリンピックで川口選手の演技を見てからうちの怪獣達は「川口さんごっこ」が流行っています。どんな遊びかって?
柱に設置している吊り輪にぶら下がって一番難しい技を競うってものです。
まず初心者編。末っ子マルコメ。
c0080075_443838.jpg


そして中級者編。ワルな女.次女。
c0080075_4433466.jpg


上級者編。やっぱりお姉ちゃん。かなり難度高いです。
c0080075_4435871.jpg



長女はこの技をしたら真剣な顔でこう言います。
「これをするとのどと胸がa billion 苦しいの。」
この「a billion」は「すごーく」とか「超」って感じでよく彼女は使い(ミリオンよりも大きいからだそうですよ)、

『ビッッッリ オーン!!』

とそれはそれは大げさにゼスチャーたっぷりで言います。
(こう言う時我が子ながら「外人ねぇ」と思っちゃいます。不思議な感覚です)
そして遠い目をしながら

娘「川口さんもビッッッリ オーン!!苦しいと思う」
私「まぁ最初はそうだったかもしれないけど、今はいっぱい練習してそれほどきつくはないかもよ。だって川口さんオリンピック選手だよ!」
娘(あきれたように私を見ながら首を振り)「ビッリオーン苦しいよ、絶対に」

あーどうなんだろう。やっぱビッッッリ オーン!!苦しいのかなぁ?
世界のトップ選手としてたたかう川口さんでもビッッッリ オーン!!苦しいのかなぁ?
あー気になる、気になる、気になるー!

『川口さん、どうなんでしょう。ビッッッリ オーン!!苦しいんでしょうか?』

教えてぇぇぇ!
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキングに参加しています。励みになりますのでポチッとお願いします。
[PR]
by precioushearts | 2010-03-24 04:48 | スケート

薄い桜と濃い桜

今こちらは桜が満開です。
でももうかなり花びらが散り始めているのでこの桜ともあと少しでお別れかとちょっとおセンチ。
今年も桜の木にはびっしりと桜が咲いてくれ本当にきれい。
この木は私の一番のお気に入り。毎年この時期この木のそばを通るのが最高の贅沢。
c0080075_557519.jpg

これは日本で言うソメイヨシのかな?薄いピンクの花。
c0080075_5591696.jpg




そしてここの辺りではこちらの濃いピンクの桜の木が多いのです。
c0080075_5595013.jpg

花が散ると赤い葉っぱになります。この桜日本ではなんて言うんだろう?はて?
c0080075_601783.jpg


花びらを嬉しそうに見せてくれました。きれいだね。
c0080075_603096.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキングに参加しています。励みになりますのでポチッとお願いします。
[PR]
by precioushearts | 2010-03-23 06:02 | カナダ

簡単スコーンの作り方!

今日は久しぶりオットと朝ゆっくり過ごす事が出来たので、少し頑張ってちょっと豪華な朝食を作ってみました。
スコーン+コーヒー風味のクリーム、ハッシュブラウン、目玉焼き、グレープフルーツ。
c0080075_255757.jpg


このスコーンはフードプロセッサーでほんの2分で作れるものなのです。
作り方は(くるみとコーヒーのスコーン)
*薄力粉........................200g
*ベーキングパウダー......大さじ1
*グラニュー糖...............大さじ1/2
*塩..............................小さじ1/4
*インスタントコーヒー...大さじ1
*くるみ........................40g

*無塩バター..................100g←サイコロ状に切り使う直前まで冷蔵庫で冷やして!
*牛乳...........................100cc

上から書いた順番でフードプロセッサーに入れてください。
そして生地が1つにまとまるまでフードプロセッサーを回してください。
打ち粉を引いた台に生地を取り出し、生地がなめらかにまとまってくるまで数回こねてください。
生地は厚さ2〜3センチに伸ばしてください。
そして抜き形で抜き、天板の上にのせて牛乳(分量外)を上面に塗り、200°のオーブンで10〜15分焼いてください。

抜き型がなかったのでコップで抜いたのですが、切り口がつぶれてしまってうまく高さが出ませんでした。残念。
無くても全く問題ありませんがふっくらと焼き上げたい時には抜き型があると良いですよー。
c0080075_2554971.jpg


スコーンにはバターやジャムを合わせると美味しいですが、今日はホイップクリームにコーヒー風味のお酒を混ぜ込んでみました。
この「BAILEYS」はコーヒーに入れてもすごーく美味しい。
カルーアよりも気に入ってます。
c0080075_2566100.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキングに参加しています。励みになりますのでポチッとお願いします。
[PR]
by precioushearts | 2010-03-22 02:58
長洲未来ちゃんがオリンピックで写した写真のスライドショー。


「Queen Yu-na」かぁ......。言うまい、言うまい。
真央ちゃんもいましたね。小塚くんも。
そしてレイチェルフラット選手とも仲が良いみたいで微笑ましい。
病気のお母様もバンクーバーに見に来られたんですね。話に聞いているよりもお元気そう。よかったぁ。

未来ちゃんはTwitterにも登録しているようです。
今時の子って感じですね。
でもこうやってのびのびと楽しんでいける未来ちゃんは幸せだよね。
日本の選手達は未来ちゃんのようにはいかないもんなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキングに参加しています。励みになりますのでポチッとお願いします。
[PR]
by precioushearts | 2010-03-21 16:41 | スケート

才能あふれる少年☆

すっかりスケートのお話がお休みしていますが、「真央伝説」の伝道師の修行はやっていますよー。
さてオリンピックの後もまだまだやりきれない気持ちを抱えている方たくさんいるようですね。そうだよねぇ〜。うん、うん、分かる。
でも疑心暗鬼で真実を抜きにして思い込みで「カナダの陰謀」などと書かれている方のブログを見かけるのはやっぱり良い気持ちがしません。
今回のオリンピックの流れは確かに正気の沙汰とは思えないような事があったししょうがないような気がするけどやっぱり自分たちが住んでいる国全体をひとくくりでそういう風に言われるのはなんだかなぁ......。
エキシビジョンで一生懸命滑った小さな子供達の事を悪く言っているのには正直うんざりでした。(確かに女の子が成長していく演技はカナダの国の事なのになんでアジア系の子ばっかり?って思ったけど、実際ここの辺りで熱心にスケートをやっていてスケートが上手な子達はアジア系の子ばかりだしなぁって感じですし。)
そしてコミカルで魅力的な演技をしてくれた男の子を

『子供による「出っ歯のめがね」は日本の侮辱』
c0080075_132582.jpg

と言うのを見た時にはずっこけ。
あの子そんな大それた事を企てていたの!?.......って訳ないじゃないですか。


彼の名前は『Nam Nguyen』くん
オリンピックを目指す才能あふれる11歳の男の子です。
c0080075_1344316.jpg

ナムちゃんを私が始めて見たのが去年の四大陸のエキシビジョンでの演技でした。
ミツバチハッチのような衣装で生き生きとリンクを滑り、10歳とは思えないぐらいのエンターテイナーぶりでしたし、小さいのに軽々とジャンプを飛びスピンを決め、まだぎこちないものの一生懸命ステップを踏んでくれました。
一目で「なんてあふれんばかりの才能を持った子なんだ!」と感動。



ナムちゃんはナムちゃんは1998年生まれ。6歳の時からスケートを始めました。
2007年のJuvenile(ノービスよりも2つ下のカテゴリー)のカナダチャンピオン。
その時ナムちゃんわずか8歳!表彰台の一番上なのにお兄さん達よりも背が低い!?
c0080075_1414285.jpg


そして翌年の2008年、プリノービスのカナダチャンピオン。
2009年はノービスのチャンピオン。
c0080075_148203.jpg

2010年にはノービス2連覇となんとスケートカナダのジュニア部門で優勝!
そしてカナダ選手権のジュニア部門でも見事3位入賞です。
オリンピックでも高橋くんの演技後にフラワーボーイとして嬉しそうにプレゼントを拾っているナムちゃん発見。
c0080075_1534162.jpg



四大陸選手権の半年後にバンクーバー郊外の名門スケートクラブのアイスショーがあるというので見に行って、ナムちゃんを見つけた時には嬉しかったです。
(ちなみに2種類の4回転が飛べるケビン.レイノルドくんも同じクラブにいますよー)
滑るのが楽しくてしょうがなくジャンプが決まったらはじけるような笑顔で滑るナムちゃんは見ているとこっちまで笑顔になってしまうのです。
小さくってかわいくって才能あふれる姿は小さい頃の真央ちゃんと重なるものがありました。
その時ナムちゃんは3回転フリップまで飛んでいました。

そして先月友達との待ち合わせでそのクラブに行った時に、ナムちゃんが練習している様子を見る事ができました。
半年の間に3回転ルッツを飛べるようになっていました。
そして友達の話では3-3のコンビネーションジャンプも飛んでいるのだとか。
才能あふれるナムちゃん。そして彼はぎりぎりソチにも出場出来るのです。
カナダの男子シングルの選手は今はパトリック.チャンが飛び抜けてはいますが、2番手争いはかなり混沌としています。
今のままでぐんぐん伸びていけるかはまだまだ未知数。
ルッツの次はいよいよトリプルアクセル習得。
でもルッツとアクセルの間には今までとは比べ物にはならないぐらい大きく高い壁があるでしょう。
そして王子様のような格好良い選手とたたかっていくにはやっぱり見た目がねぇ......。(ナムちゃん、ごめん!)
ほら、王子様が下を向くと「嘆き悲しんでいる姿」って感じだけど、ナムちゃんがそうすると

「どうした何か落とし物?コンタクト?」

なんて感じじゃないですか。(ナムちゃん、ほんとごめん)
でもそれだからこそ彼は人とは違ったコミカルな演技をこなしていっているような気がします。
だから「出っ歯で眼鏡」のコミカルな演技をオリンピックでやったんじゃないのかなぁ。(これはあくまで私の想像ですが)
決して日本への侮辱なんかじゃなく、彼のキャラ立ち&お客さんに喜んでもらえる楽しんでもらえる演技だと思います。
ぜひ才能あふれるこの少年の今後を温かい目で見守っていってください。
彼の笑顔がいつまでも輝けるように、いつの日か才能の花を大きく咲かせた時には惜しみない拍手をしてあげてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキングに参加しています。励みになりますのでポチッとお願いします。
[PR]
by precioushearts | 2010-03-20 02:20 | スケート