カナダ.バンクーバー近郊でケータリングサービスをしています。日々の生活、大好きなスケート、そして子供達の事を綴ります。


by precioushearts
カレンダー

<   2010年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

昨日は友達のお誕生日会をする事になりみんなでそのお友達の家に大集合。
私はケーキを作ってほしいと言う事だったので、せっかくなので盛り上がるケーキにしようと考えました。
実力もないくせに、みんなにウケるケーキを作りたいなんて厚かましい話ですが、でもあったんです。
いつも作っているものを使って作れるウケるケーキが。
その名も

『クロカンブッシュ』
えっ?
c0080075_1011316.jpg

c0080075_10114236.jpg

いや、いやそれはクドカン ブッシュ。
間違ってるから、名前からして。
それもありえない組み合わせ。


c0080075_10124870.jpg

c0080075_10125578.jpg

クロカン ブッシュ!?
確かに呼び方は同じ。でも絶対違うでしょー!


ま、ま、ま、一人漫才は置いておいて。(全くおもしろくもないし)
クロカンブッシュとはこんなケーキ。
c0080075_1014043.jpg

プチシューをとにかくどんどん山に積み上げていくケーキ。
最近はウェディングケーキとしても人気が高いのだとか。
作り方はシンプルなんだけど、とにかく手間がかかりました。

でもみんなにはウケた!

やったー、ミッション完了!
ただ反省点としてはちょっとシューが乾きすぎたので堅かったのと、くっつけるのに使った飴をもう少し改良しなくてはと言う感じでした。


そしてお邪魔させてもらったお友達のお宅は豪邸!
立派なログハウスで別荘に遊びにきているような感じ。
c0080075_10212658.jpg

c0080075_1021463.jpg

c0080075_10213819.jpg


夜景もすばらしい!でも住んでいると全く見ないとのこと。もったいなーい。
c0080075_10222853.jpg


みんなで持ち寄ったおいしい料理と楽しい会話でもう笑いっぱなしでした。
みんな楽しい時間をありがとう。
そしてSちゃん、お誕生日おめでとう!

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-11-29 10:24 | お弁当
フランス.エリック杯終りましたね。
ぼーぜん....

未来ちゃん優勝だと思ったのに、キラーコルピ選手が優勝でしたね。
ぼーぜん......

真央ちゃん、ルッツとフリップ降りることができたようですね。
やったー!と大喜びしたいところが、なんと無念。まだ動画見てないの。
ぼーぜん.......


いや、私はちゃんと昨日紹介したSkatebuzzでライブで見ていたんです。
ちゃんと小塚くんもいっぱい応援して演技終了後には歓喜の雄叫びを上げましたよ。
最終滑走なのに、すばらしい演技でしたね。
すっかり立派な男子になって、小塚くん。
安心して真央ちゃんを任せられるよ。って違うか。失礼しやしたー。


女子の第一グループが始まったらそれはもうドキドキ。
6分間練習が終って、フランスの選手が滑る頃には、緊張のせいかトイレに何度も通うはめに。
そしていよいよ、真央ちゃんの出番!!!
会場のアナウンスがいいます。

レプゼント フロム ジャパーン  マオ アサダー

えぇ、いやがおうにも私の心臓もドキドキドキ。
スタート地点に向かうマオちゃん。
「真央ちゃん、頑張ってー!飛べるよー!!!」
と叫ぼうとしたその時.....

ブチッ........真っ黒

ストリーミング止まっちゃったー。
画面をリフレッシュしてもダメ。何をしても真っ暗なままの画面。

まーじーでー。嘘でしょう!!!

掲示板情報やツイッターを探すとジャンプの情報が入ってきます。
トリプルアクセルは2つともパンクした様子。残念。
でもフリップとルッツは着氷したらしい。
よし!よーし!!!


その時ようやくつながるバカSkatebuzz。
おっせーんだよぉ。
真央ちゃんの演技終っちゃったじゃないか、ちくしょー。
でもキス&クライでの真央ちゃんの顔はそれほど落ち込んでない感じ。
佐藤コーチと真央ちゃん昨日ほどは悲壮感たっぷりではないし。よかった。

その後はSkatebuzzのライブ中継、普通につながってました。
でも真央ちゃんの演技が見られないと意味がないの。
私は今の真央ちゃんの演技をライブで見たかったんだから。
あー、悔しい。悶々。
まだフリーの動画は更新されてない様子。悶々。
なんで真央ちゃんの時だけ止まっちゃったのー。悶々。
早く見たいぞ、フリーの演技。
はぁ〜、一気に朝から脱力状態。はぁ......。

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-11-28 06:42 | スケート

真央ちゃん7位発進

見ましたか?どうぞ!
真央ちゃんのショート


もう私手に汗握り、緊張でトイレは近くなり、「真央ちゃーん!!!」と雄叫びを上げながら見ていました。もちろんラ・イ・ブで!
決して正しいフィギュアスケートの観戦方法ではありません。
良い子にはお薦めできないかも。
末っ子、ぽかーんとしてましたもの。
「ママが変!?」
って思っていたことでしょう。えぇ、ママは変でしたよー。


練習の映像ではスムーズにジャンプに入り、回転軸も細く速く、着氷後も流れが出てきていて、矯正始めたばかりとは思えないほどの質の良いジャンプが飛べてきているようです。
しかし試合では緊張のせいか回転が足りずにジャンプを下りてしまいますね。
アクセルもフリップもかなり回転が足りていません。
アクセルを着氷した右足が流れてしまいフリーレッグが上手に抜けませんでした。
足大丈夫かな?と思うような降り方でしたが、その後の動きを見ると大丈夫のようですね。はぁー、よかった。
あの体勢ですぐに立ち上げれるなんてすごい身体能力だわ@よっこいしょが口癖の私。

でもまだまだ真央ちゃんには時間が必要です。
そして自分を信じられるほどの練習も。
なのでこの試合ですぐに結果を求めてはいけません。
ショートはなかなか厳しい出来でしたが、練習を見る限り確実によくなっています。
こんなにすぐにできるようになるなんてやっぱ真央ちゃん天才。
あともうちょっと、もうちょっとでしっくりくるようになるはず。


グランプリファイナルの進出の可能性が.....などとニュースでは書かれているようですが、私は
「グランプリファイナルに出るなんてとんでもない」
って感じです。
この試合の後、真央ちゃんが集中しないといけないのはグランプリファイナルではなく、全日本選手権。
世界選手権に出場できるのは3人だけ。
出場要項を考えると真央ちゃん厳しいです。
今年のミキティーとあっこちゃんはとても強い。
この二人の世界選手権は鉄壁のような気がします。
そしてこれに村上佳菜子ちゃん、今回すばらしい演技を見せてくれた今井遥ちゃんなどのびのびキラキラ世代の二人も出場枠を狙える位置にいます。
もちろんこの二人と真央ちゃんの実力差は歴然です。
が、今季の試合内容では.....。考えたくない。
なのでなんとしても全日本までにジャンプの調子を整え、プログラムを滑り込まなくてはいけません。
そう考えると今の真央ちゃんにとってグランプリファイナルが入るとスケジュールがとても厳しくなっちゃいます。なのでいいのです。
また私達は真央ちゃん欠乏症に悩まされながら全日本まで我慢するしかないのです。

明日のフリーは絶対にフリップとルッツを飛んでもらいたい!
NHK杯の時にも書いたけど、認定どうこうはいいんです。
最近の判定を見ていたら認定する気ない(したくない)ジャッジの鼻くそなんてどうでもいいんです。
真央ちゃんが飛びたいジャンプを飛んで、練習だけでは手に入れられない達成感を、明日のフリーではいっぱい味わってもらいたいから。
やっぱしみじみ思う、私は真央ちゃんが好きだー!
明日は飛べる、絶対できるぞー!!!


さてちょっと落ち着いて女子はフィンランドのキラーコルピ選手が首位。
彼女今期のプログラムは素敵ですし、衣装もぐっとあか抜けましたね。
でもちょっとあのみんなの度肝を抜く蛍光衣装が見られないのはなんだか寂しい!?
実は結構気に入ってたりして。


2位は長洲未来ちゃん。
彼女NHK杯の時よりも身体絞ってる?すっきりしたような気がするな。
6分間練習でループを飛んでいたから「あれ?」と思ったけど、ショートのジャンプ構成は

3ルッツ-2トーループ
3フリップ
2アクセル

でしたね。うん王道な感じがいい。
このシーズンはエッジを気にしてかショートでフリップなしやルッツなしで飛んでいる選手がほとんど。やっぱちょっと物足りない。
が、未来ちゃん難度の高いジャンプ構成で挑んできてくれました。
思たよりも点数が伸びませんでしたね。
でもこれ位がいいよ、未来ちゃん。
追われるよりも追うほうが。
未来ちゃんグランプリシリーズ初優勝いけるかも。


3位は今井遥ちゃん
やったね。
彼女の演技は昨シーズンの四大陸の時に見てからすっかりお気に入りです。
お上品な雰囲気で。
こればっかりはつくってかもし出せるわけではないので。
そう言う彼女なりの持ち味をどんどん伸ばしていってもらいたいです。
彼女にとってはグランプリシリーズデビューのシーズン。
スケートカナダといい良い演技が続いています。
そう、いっぱい経験を積んで世界にアピールしてもらいたいな。

明日もみんなを応援するぞー。
真央ちゃんを応援するぞー!

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-11-27 06:21 | スケート

ライブで見られるぞ!

今朝は少し気温が上がり、雨も降っているのでかなり雪も溶けてきました。
今日は街中溶けた雪でドロドロなんでしょうね。
でもそんなの私には関係ありましぇん。
だって今日は唯一下界に下りなくてもいい日なのです。
そして今日はいよいよフランス.エリック杯が始まりました。
昨日オットにプレイヤーの設定を見てもらったのでめでたくストリーミング状態で!ライブで!フランス.エリック杯が見られます!!!

やったー!!!オットよ、ありがとう。感謝感激雨あられ。


皆さんはどこでライブ中継見てますか?
私は先日友達からすばらしいスケート専用のサイトを教えてもらったのです。

Skatebuzz

日本の方が見られるのかは分かりませんが、カナダにいる方には見られるはず。
ストリーミングにしては意外に画像がきれいです。
今はペアのショートプログラムが終り、

7時45分〜  男子シングル ショートプログラム
9時45分〜  女子シングル ショートプログラム
11時30分〜 アイスダンス ショートダンス

が行なわれます。(でもなんだか予定とは時間がずれているような感じなのでサイトでチェックする事をお薦めします)
また他のグランプリシリーズの試合やバックステージなどの貴重な映像も見られるようになっていますので、興味のある方はぜひ見てみてください。
今男子ショート始まりました。
ドキドキドキ。もうすぐで第1グループの6分間練習始まります。


そして女子が始まったらフランスに向けて念をおくらなくては。
どうか練習の成果が出せますように。
真央ちゃんスマイルが見られますように。
あー、我慢できん。

真央ちゃんー 頑張れー!!!!!!!!

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-11-27 00:51 | スケート
お早うございまーす。
寒いー。ぶるぶるぶる。その上、雪だー!!!
c0080075_1161761.jpg

こっちに来た最初の頃は雪が降って大喜びしてました@南国育ちの私。
北国出身の友達が
「雪降って喜ぶのって雪国じゃない所の人だけだよね」
と言っていました。
でも今その言葉がよーく分かる。
やっぱ雪降ると色々大変です。
運転もすごーく気を使うし、うちは薪ストーブだからその薪を家に運ぶのも一苦労。
雪が深くなると薪運ぶ前にまずは雪かきから始めないといけないし。
いつもは20分もかからないのに、2時間位かかる事もあるし。
ま、子供達は大喜びなんですけどね。
今日はお友達が遊びにくる事になっているので、先日買った新しいソリを出してみるかな。
c0080075_1235234.jpg




別にスケートブログってわけではないのに最近スケートネタばかり。
だっていよいよフランス杯始まっちゃうから、自然と頭の中はスケートの事考えちゃいます。
言ったでしょう、病気だって。それも完治は不可能。その気もないし。


さて昨日何気なく荒川静香さんのトリノの後のドキュメンタリーを見ました。
荒川さんのあの時のフリーの演技はやはり何度見てもいいですね。
ジャンプはバリバリ難度の高いって言うものではないものの(でも彼女は3S-3T-3ループ!!!を練習でどんどん飛んでたんですよ)、スケーティングといいスピンといい、スパイラルといい流れるような演技で、演技中盤から会場中から地響きのような歓声が沸き起こってくるのです。
これはまさに金メダリストの演技。文句なし。
そして彼女の演技最後のスピンの時にこんな方をリンク脇に見つけました。
c0080075_1303383.jpg

左にタラソワさんがいるの分かりますか?
毛皮を着たゴージャスなご夫人です。

彼女の名前はタチアナ.タラソワさん。
c0080075_1341765.jpg

ペアスケーターとして冬期ユニバーシアードで優勝したり将来を有望されていた選手でしたが、18歳の時に怪我で引退。
その後振り付け師、コーチとして活躍。
多くのオリンピック金メダリストを育て「チャンピオンメーカー」と呼ばれるフィギュア界の大御所コーチ。
2008年には世界フィギュアスケート殿堂入り。
真央ちゃんのコーチを2008〜2010年までしていたので彼女の事を知っている方も多いのでは。


荒川さんもタラソワさんに2年ほどコーチをお願いしてました。
しかしタラソワコーチは新採点法への対応が遅れていた事と、具体的に指導をしてもらえると言う理由でニコライ.モロゾフコーチにオリンピック直前にコーチを変更しました。
実はニコライ.モロゾフコーチはもともとタラソワコーチのアシスタントをしていたのですが、タラソワコーチのチームが振り付けをしていた選手達のライバル選手の振り付けを勝手に行ない、タラソワコーチの逆鱗に触れてタラソワコーチから独立したのです。

タラソワコーチからすると快く思っていないはずのモロゾフコーチに、トリノオリンピック直前で乗り換えた荒川さんも不快に思っても不思議でないはず。
それもたくさんのオリンピック金メダリストを育ててきたタラソワさんですが、唯一女子シングルでの金メダリストはいないのです。
もし荒川さんがタラソワコーチの元を離れずに金メダルを取ったら、タラソワさんにとっても快挙を成し遂げられたのです。
でもタラソワコーチのこの顔を見てください。
c0080075_1542519.jpg

本当に嬉しそう。
タラソワさんの言った言葉

『良いものは良いのよ』

まさにその言葉のままに荒川さんの最高の演技、それもオリンピックという大舞台でのかつての弟子の素晴しい演技を心から楽しんでいるよう。


彼女が偉大なコーチとしてたくさんの人から尊敬されるのもうなずけます。
タラソワさんのふところの大きさを感じます。人間として本当に大きい。
長い間フィギュア界でいろんな事を見てきたのでしょう。
それだけに彼女の言葉は強く響きます。
そんな彼女の名言。

『なぜ難度や希少性を評価しないのでしょうか?
 公平性はどこにあるのでしょうか?
 スポーツとは公平性の極地でしょ
 より速く、より高く、より強いものこそが勝者なのです』

『負けないように頑張るという気持ちは、自分のためだけではなく、
 ライバルのためにも持たないとダメなのです。
 こういう気持ちがライバルに対する強い精神的な武器にもなるし、
 自分の自信にもつながります。
 私はあなたが強い人だと言う事を知っています。』

『スポーツは強い人だけを愛します。
 優れた選手はみな、今回あなたに起こった気持ちの変化と
 全く同じ事を感じた事があります。
 でも、この気持ちを乗り越えた選手だけが偉大な存在になるのです』

『選手がやるべき事は滑ることと耐えることです。 
 周囲の人間がやるべきことはその努力が無駄にならないように気を配ることです』


私のお気に入りのタラソワコーチの愛弟子達のプログラム。どれも芸術作品です。
男子シングル アレクセイ.ヤグディン
(ソルトオリンピック フリー「仮面の男」)



アイスダンス グリシュフ&プラトーフ
(長野オリンピック フリーダンス「メモリアル・レクイエム」)
                  〜 夢半ばで挫折したスポーツ選手に捧ぐ


まさに魂を揺さぶる名プログラム。
タラソワさんだからこそ作ることのできるフィギュア界の最高傑作です。

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-11-26 02:46 | スケート
さてさて今日2回目の更新。
みなさま、裏メニューを作らずにブログを更新する事をお許しください。
ごめんなさーい。
だって今しかないの。今週も気がついたら予定もりもり。
あれ?のんびり週間のはずだったのに?


いよいよスケートアメリカ観戦記も最後。
エキシビジョンのお話。と言っても日本人選手を中心にかいつまんでですが。
エキシビジョンは前半と後半に分かれていて、前半は織田君、村上大介君が滑ってくれました。
織田君の今季のエキシプロ見ました?
なかなかいいですよね。
殿、意外に踊れるのね。
織田君はすごく器用な選手だと思うのです。
男子選手の中にしては柔軟性もありますし。
そんな彼だからこそできる技満載の今季のエキシプロ。
でもやっぱりはじけっぷりが足りない。
恥ずかしがっていてはダメ。No ムーミン。
オリンピックの時に通っていたという日本食レストランの女将さんから織田君のお話聞きましたよ。

織田君ってやっぱり関西人て感じ。すごーくおもしろい。

って。
さすが関西人、いついかなる時も笑いのタイミングを外しません。
その関西人全開のキャラではじけ、世界に関西パワーを見せつけてください。
本当だったら観客席でカメラ向けられた時に何かしないといけなかったんじゃないの?
いついかなる時も関西人の誇りを忘れないでください!
頼むよ、殿。


村上大介君、やっぱり実力的にはこれからの選手なのですが、海外を拠点に練習をしているだけあって、お客さんへのアピールするのが上手。
手拍子をおねだりする村上君。
なかなかの度胸くん。もちろん盛り上げまっせー。
ただ衣装が.......。
Tシャツとズボンって、街歩いてるアメリカンと変わらないから。
あと指先のない手袋はダサイから。
えっ?ダサイなんて言ってる私がダサイって?
失礼しやしたー。


1部のトリはレイチェル.フラット選手。
やっぱ自国の選手だったし、演技も良かったしね。
しかしエキシプロはイケてない。
流行りの歌にのせての演技って最近多いと思うのですが、なんだか退屈に感じます。
きれいだなーとは思うんだけど、あまり印象に残ってないんです。


が、そこで抜群のインパクトがあったのが村上佳菜子ちゃんの演技。
c0080075_6132884.jpg

2部のラスト3番目で登場。
実は私彼女の演技をアイスショーの動画で見た時、全く良く思わなかったのです。

16歳ぐらいの子がしな作ってもねぇ

なんて思いながら見ました。
が、実際生で見るとすごく良かったんです。
インパクトのある歌だし、それほどいやらしくも見えず、ぐっと引き込まれるのです。
また佳菜子ちゃんがタンバリンを叩く音も動画で見るよりもずっとよく聞こえて、演技がぴりりとしまるのです。
音が会場をすっぽり包み込み、彼女の演技に見入ってしまうのです。
いやーびっくりです。
なかなかやるなぁ、16歳。
フリーの順位がレイチェルフラットと微妙な感じだったので、会場はどういう風に佳菜子ちゃんを見てるのかな?と思ったのですが、とても好意的でした。
隣のオタクもいたく気に入ったようですし。
私の嫌いなポエムチックなコラムを書く例の人の佳菜子ちゃんに関するコラムはあながち間違ってはいないかも。
もちろん真央ちゃんやミキティーよりも佳菜子ちゃんの方にみんな夢中だのくだりは

「ふっ、またきたよ。真央ちゃん下げ攻撃」

って腹が立ったけど、スケートアメリカでは佳菜子ちゃんは確かにアメリカのフィギュアファンにちょっとした新風を起こしたかもしれません。
まだまだそよ風ぐらいだけど、これから佳菜子ちゃんがどういう風な選手に育つの楽しみにし、お気に入り選手の一人として加えられたのは間違いないと思います。
あっ、これはあくまで私の主観ですが。
でも今回の会場の雰囲気で好意的に迎えられた事は言えると思ってます。


さて男子シングル優勝を飾った高橋くんはなんと

オオトリでしたー!!!
c0080075_6135745.jpg


えぇ、一番最後。
私てっきりアイスダンスのマリー.デビス&チャーリー.ホワイトペアが最後にくるとばかり思ってました。
だって自国の選手達だし、彼らもものすごい経歴じゃないですか。
オリンピック銀メダリストだし。この大会もぶっちぎりの優勝だったし。
でもラストを飾ったのは高橋くんでした。
いやー嬉しいね。

で、高橋くんが滑り始めて、私少し嫌な予感がしました。
すごーくシックな曲ではありませんか。
私、不勉強ながら今季の彼のエキシプロを見るのは、その時が初めて。
それまで結構盛り上がる観客受けするプログラムが続いていたので、あまりに高橋くんのプログラムがシックでハラハラしました。

が、すごーく良かったんです。

なんだか心が落ち着いていく感じで。
スケートアメリカという試合がきれいにすっと完結した感じで。
(あぁぁ!なんだかポエムチックであの人そっくりな感じになってる!?)
高橋くんは世界を魅了するほどのすばらしい選手なんだなぁと改めて実感。
c0080075_6142892.jpg

彼の演技が終って後ろのご夫人が

I like it. Very nice.

と言っていました。
うん、すごく良かったです。


そして最後はスケーター紹介。
紹介されたあとリンク端で待機する選手達。
なんと私達のすぐ前が織田君でしたー!!!
c0080075_6131616.jpg

触りたーい。いや、それをやってしまったらただの変態だ。
落ち着け、私。


みんなで一列になって挨拶をした後、ファンへのプレゼントタイム。
フリスビーのようなものを選手達が観曲席に向かって投げてくれます。

欲しー!!!!

と思って一生懸命手を伸ばしていたのに(声も出てたな、きっと)、全く私の方には飛んできませんでした。
はぁ......もらえるわけないよね。
と思っていたら、横で静かに座っていたお友達がTシャツをもらえたようです。
c0080075_6174071.jpg

スポって手元に入ってきたんだって。
すごーい。無欲の勝利だー。
私のように欲のかたまりで願ってもダメなんですね。
反省、反省。


さて楽しかったスケートアメリカも終了。
みんなもすごく楽しんでくれたし、私も大満足で家に向かってポートランドを出発。
ポートランドを出たのが夜の7時過ぎ。
帰りの車の中では

「またこんな機会があればきたいね。今度は真央ちゃんが見たい!」

なんて言う話をしていました。
ポートランド郊外でガソリンを入れ、夕食をすませる事になりました。
と言っても日曜日の夜8時。
えぇ、街は人気がなく、暗ーい。
チェーン店のお店しかなく、でもせっかくなのでカナダにないお店に入ろうと少し車を走らせたら、なんだかあやしい黄色いお店。
メキシカンフードのお店のようです。
みんなは乗気って訳でもなかったのですが、何せ選択肢もないって言う事でそのお店に入ってみました。
店内には1組の熟年カップルが食べているだけで、がらーんとしてました。
メニューを見て衝撃!!!
c0080075_6335665.jpg

『Asada Tacos』

えぇぇ!!!浅田タコス!?
気になるのでもちろん浅田タコス、いや違うAsada Tacosを注文。
興奮気味にメニューの写真を撮る私に熟年カップルくすくす笑ってました。
すっかりあやしい私。
なんでも「Asada」 ってビーフの事らしいです。
そして「Asao」はポークだとか。
へぇぇぇ。

私の事をくすくす笑っていた熟年カップルが話しかけてきます。
「Asada好きなの?」
私は心の中で『Asadaじゃなく浅田が大好きだー!!!』と思いつつ、
「日本語で人の名前でアサダってあるのよ。おもしろいなぁと思って」
と言うと、おばさん自分のプレートをさして
「これがAsadaよ。食べる?」
気持ちは嬉しいけど丁重にお断りさせてもらいました。
でもこんなところで、それもこんなたまたま入ったお店でAsadaに出会えるなんて。

運命だわ(なんでじゃい)

シアトルを過ぎたところから霧がすごくてゆっくり走ったせいかアボツフォードに戻ったのが明け方2時過ぎ。
でもそんなの全く気にならないぐらい楽しい旅でした。

一緒に楽しい旅をしてくれたお友達に感謝、そして気持ち良く送り出してくれたオットと子供達にも感謝です☆

長かったスケートアメリカ観戦記、ようやく完結。
えっ?真央ちゃんがらみの話って「Asada Tacos」のくだりかって?
うん、だってすごーく嬉しかったんだもの。最後にサプライズ。

さぁいよいよフランス杯。
真央ちゃん頑張れー!
(結局いつもオチはそこです。失礼しやしたー)

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-11-25 06:52 | スケート

今週のメニュー☆

昨日に比べれば寒さはましになったものの、でもやっぱり寒い。
今の気温マイナス6°なり〜。
特に我が家は山の北斜面にあり日が当たらないので気温は全く上がりません。
夏は最高なんだけど、冬はとってもミゼラブル。


さて今日は水曜日。お弁当の日です。
*サーモンのクリームシチュー
c0080075_575669.jpg


*チャプチェ
c0080075_581387.jpg


*にんじんサラダ
c0080075_58291.jpg



デザートはベルギーワッフル
*プレーン
c0080075_585493.jpg


*チョコ
c0080075_591071.jpg



裏メニューはお休みです。
では後ほどお会いしましょう!寒いので皆さんしっかり着込んできてくださいねー!

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-11-25 05:10 | お弁当
はぁ〜寒くってかなわん。
今朝の気温マイナス12度!!!
c0080075_153162.jpg

室内と外の温度差なんと34°なりぃ〜!

昨日は夕方から夜中まで停電で、よそのお宅は暖房止まっちゃって大変だったようです。
うちは薪ストーブだからへっちゃらでしたが。
でも部屋が暗いからキャンプ用のランタンともして、薪ストーブがんがん燃やしてたからなんだかドラマ「北の国から」そのままでした。
黒板五郎@オットは夜中に目覚ましかけてまでストーブに薪をくべてました。
2階の子供達が寒くないようにって。
おぉぉー、まさに北の国からだー。
ダメ妻&母な私は夢の中で「オット偉いなぁー」と感動してました。ぐふ。


いいかげん完結させたいスケートアメリカ観戦記。
いえ、昨日書いてたの。ロシア杯の話の後で。本当の本当。
でも突然画面がフリーズしちゃって......。くじけちゃいましたよ。
でも宣言します。

フランス杯始まる前に絶対に完結します!

だっていつもはぎりぎり出発の真央ちゃん、昨日フランスに向けて飛び立っちゃったじゃないの。
この観戦記の最後に真央ちゃん話がからんでくるんだもの。
絶対に書きます!書くんだからね!!!


でももう各選手の演技の話はいいよね。
ではバックステージ的な感じで書いていきまーす。
このスケートアメリカの会場、動画で見ても分かる通りがらがらでした。
なもんでとってもゆるーい雰囲気の試合でした。
って言うかチケットを買った時には最終日は女子フリーが午前11時からで、午後1時からがアイスダンスフリーという予定だったのに、少し遅れて(朝食食べながら話し込んじゃった)会場に入って見ると、なんとまぁ、アイスダンスフリーをやっているではないですか。
会場の関係者の方の話によると変更になったそうです。

って言うかそんなのあり!? どんだけゆるいの!?

私達の最初の予定では女子フリーを見た後エキシビジョンが始まる5時までショッピング!と思っていたのに、今から街に出てもすぐに戻ってくる事になるのでアイスダンスフリーをなんとなーく観戦。
が、アイスダンスすごーくよかったのです。
やっぱ上手だね。そしてまた魅せる!
まさに氷上の社交ダンス。
友達達もアイスダンスが一番楽しめたようです。


そしてこのゆるーい会場では特別選手や関係者用の席が用意される事もなく、2階席のあちこちにいろんな選手の姿を見る事ができました。
私はもちろんの事、隣の席のオタク達もあそこにどの選手がいるとかチェックに余念がありません。
女子フリーが始まるとジャッジ席の上のあたりに織田君と織田ママ発見。
途中から村上大介君も観戦。
c0080075_13425877.jpg

まだ第1グループからとても熱心に観戦する織田君。
やはり高感度グーンとアップ。
ちょっとした休憩にカメラが観客を写して、マスコットキャラクターをからませて観客いじりをするのですが、織田君もばっちりやられてましたよ。
すごーく恥ずかしそうにしてました。
はじけろ、はじけるんだ、殿!


そして第1グループ前半でカメラの後ろに社長、いや、いや、レイチェルフラット発見。
今到着って感じで、がらがらバッグを引いてジャージ姿で現れました。
このカメラ後ろのエリアいろんな選手が普通に他の選手の演技を覗き込みにきてました。
今まで私が観戦してきた四大陸選手権やオリンピックではこんな事なかったなぁ。
もっとぴりぴりしてて、カメラや人の視線をみんなすごく気にしている感じだったのに、今回のスケートアメリカでは結構みんなリラックスした雰囲気で舞台裏にいるって感じでした。
もちろん試合ではみんな真剣に演技してましたよ。


そして村上佳菜子ちゃん登場。
c0080075_1503824.jpg

ピンクのジャージ姿でカメラ後ろで第1グループの選手の演技を見ていました。
カーテン向こうには社長の姿も。
そうこうするうちにウォーミングアップを始めた佳菜子ちゃん。
そしてその佳菜子ちゃんの横にはトレーナーの加藤さん。
やっぱ加藤さんがいると安心しますよね。
って言うかどの試合でもいつも加藤さんを見かけます。
トレーナーさんって本当に大変な仕事だなぁっていつも感じます。
だんだん身体もあったまってきた佳菜子ちゃん、ジャージを脱ぎTシャツで飛んだりはねたりしています。
が、もう遠くから見ててもすごーく緊張しているのが分かるのです。


そうこうするうちに第2グループの6分間練習が始まります。
やっぱフリーの最終グループの6分間練習が始まる時の会場の熱気って独特です。
一流の選手達の滑りを見られる興奮と、ここで勝負が決まるって言う緊張感と。
やはりイタリアのカロリーナ.コストナーの滑りはこの中の選手では別格でした。
そして社長、いや、いや、レイチェル.フラットはすごく落ち着いて自分のジャンプに集中していて、どんどんとジャンプの難度を上げてきます。
佳菜子ちゃんはやはり少し場にのまれている感じ。
最初のコンビネーションの入り方を何度も確認して、その後はただいま克服中のループジャンプを飛びます。
でもやはりなかなか決まらない。
しかし最後にきれいにループが飛べて、6分間練習終了。


第2グループの2番目に滑ったアメリカのキャロリーナ.ジャン選手。
以前よりはスピードは出ているもののやはりとことんジャンプが決まりません。
身体が急に大きくなったので感覚が合わないのかな?
そしていつもなら最後にもってくるパールスピンを含むレイバックスピンが、残念ながら見られません。
やはり故障のせいでパールスピンを封印しているという話は本当なのでしょう。
2年前まではこのスピンをプログラムの一番最後にもってきて、会場中から拍手喝采をあびていたのに......と思うとちょっと寂しい。

身体の成長や怪我のせいで苦しい時期を過ごす選手多いですよね。
ここでたくさんの選手が第一線から退いてきたのを見ているだけに、ジャン選手にはここを乗り越えてもらいたいな。
今が一番辛い時期なんだろうなぁ。
あっ、フリップの蹴り上げすごーくましになってましたよ。
ジャンプの矯正頑張ってますよ。
ただやはりダブルアクセルの入りが恐ろしくほど遅い。
飛ぶのやめるのかな?と不安になるぐらい。
彼女は今年が頑張りどころ。
さもないとジュニアの選手に今の座を奪われかねません。
自信を持ってジャンプを飛べるようになり、あの会場を沸かす彼女のトレードマークだったパールスピンをもう一度見せてもらいたいです。


そしてふとみんなが覗きに来るカメラ後ろのところに山田コーチ発見。
真っ赤なマフラーが目だちます。
そして村上佳菜子ちゃんがやってきて、山田コーチの話に首を大きく振りうなずきます。
なんかとっても一生懸命で、なんかいいのです。
最近の報道で少し複雑な思いもあったのですが、遠目にも佳菜子ちゃんすごく良い子でした。
すごーく緊張している姿を見ると、私までなんだか落ち着かない。
一度カーテンの奥に引っ込んだ佳菜子ちゃん、また出てきて山田コーチのそばにやってきます。
そして

山田コーチ、ぎゅっと佳菜子ちゃんを抱きしめたのです。

ドキュン!ですよ。
あー山田コーチ、佳菜子ちゃんの事大好きなんだなぁって言うのが伝わってきます。
そして真央ちゃんもこういう風に山田コーチに愛されて成長してきたんだなぁと思いました。
だからこそ今の真央ちゃんがあるんだなぁって。


そして貫禄たっぷりの18歳、アメリカのレイチェル.フラット選手。
事前の掲示板情報によると3回転ルッツ-3回転ループのコンビネーションを飛ぶと聞いていたので、超ワクワクしていた私。
だってそのコンビネーションは今ではミキティーしか飛べない超高難度のコンビネーション。
が、最初はダブルアクセル+3トーループで始まり、

2発目はルッツ、来たー!

と思ったらセカンドジャンプは2トーループ。
あり?
ま、ま、ま。
しかし彼女はルッツ2本、フリップ2本を含む全種類の3回転を飛んでくれました。
もちろんスタオベですよ。
これほどバランスのとれたプログラム構成ってやっぱ見応えあり。
点数を待つ間、足組んで貫禄たっぷりの社長の横で、一生懸命腕立て伏せをするコーチ。
会場大盛り上がり。
なんでもクリーンに滑れたら腕立て伏せ10回する約束だったとか。
やっぱこう言うところがアメリカンですよね。
そして社長さすが貫禄たっぷり。
ただの18歳ではありません!


そして佳菜子ちゃん登場。リンク脇に出てきた時も山田コーチの話に首を大きく振りうなずきます。
緊張感いっぱいで始まった佳菜子ちゃんのフリー「マスク.オブ.ゾロ」
c0080075_1458463.jpg

最初の3-3のコンビネーションはお見事。
スピードもありぐんぐん進んでいく力強い滑りです。
スピンもすごくいい!
フリップすっぽ抜け。もったいない。
何度も練習していたループジャンプ、ギリギリお手つき。
しかしなんと言っても演技終っての挨拶、満面の笑顔が良い。
c0080075_1459166.jpg

点数が出た時は会場は少し「えぇぇ!?」って雰囲気でした。
見た感じではレイチェル.フラット選手の方がよかったからです。
彼女の方がクリーンだったし、なんと言ってもジャンプ構成が高かったし。
でも意外にそう言う暗い雰囲気を引きずる事なく会場は温かく佳菜子ちゃんに拍手を送っていたのがとても印象的でした。
やはりフィギュを長く見てきた国だなって感じです。

ま、そう言う事もあるさ。

ってね。


最終滑走はイタリアのカロリーナ.コストナー選手。
やっぱきれいな滑りをするんだけど、今回すごーく気になったのがタイツ。
そこが気になってあんまり演技覚えてないや。
いつもジャンプが決まるかハラハラさせられる彼女に、別のところでハラハラさせられてしまいました。
でもエキシビジョンでも同じ感じだったのであんまり気にならないんでしょうね。
足に故障を抱えているコストナー選手はルッツ、フリップを入れずにプログラムを構成してますが、やっぱりなんだか物足りません。
正直ショート3位に入っていたスウェーデンの選手の方の出来がずっと良かったです。
ここが演技構成点のからくりですな。
今回3位に入賞した事でグランプリファイナルに出場が確定したコストナー選手。
ファイナルまでにどういったジャンプ構成を組めるようになるのかな。
はっきり言ってこの状態で表彰台はありえないなぁ。


そして表彰式。
天井の画面に映る佳菜子ちゃん。満面の笑み。
c0080075_1458985.jpg


そして上位3選手によるウィニングラン。もちろんハイタッチしましたよ〜!
近くには佳菜子ちゃんに花束を渡しながら何やら熱心にお話しする女性。
佳菜子ちゃん、またまた首を大きく振りうなずいてました。
えぇ子やのう。
そして私、佳菜子ちゃんに写真撮らせてもらえましたー!
c0080075_14554432.jpg

ピンボケだー。もう一枚が言えなかった。がっくし。


さぁ、スケートアメリカ観戦記、次で最後だ!
エキシビジョン&帰りのお話ですよー。

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-11-24 15:18 | スケート
さむーい、ぶるぶるぶる。
気温マイナス8度。風が強いから体感温度はもっと低いかも。
この前まで11月なのに温かいなんて話してたのに、なんだこの変わりよう。
南国育ちの私には辛いよ、この寒さ。


さてロシア杯終っちゃいましたね。
女子はミキティーとあっこちゃんのワン.ツーフィニッシュ。
ミキティーは腰の怪我を抱えながらも上手に演技をまとめての逆転優勝。
背中のテーピングが痛々しかったですよね。
でも以前の彼女なら演技がぼろぼろになってかもしれないのに、今回は強くなった姿を見せてくれました。
今シーズン終ったら来季は一年お休みすると宣言しているミキティー。
これほどすばらしい選手になった彼女の姿を一年見られないのはとっても残念だけど、その分、今年はミキティーの演技を目を見開いて見ておかなくては。
充実したシーズンを過ごして最高の演技を見せてほしいな。

あっこちゃんはフリー後半のルッツのすっぽ抜けがもったいなかった。
あれが決まっていたら彼女の優勝だったでしょう。
ただまだシーズン前半。
勝ち負けよりも、今回あっこちゃんの演技構成点が上がってきたのが一番の収穫。
本当はもっと早くからもっと高い点数をもらっても当たり前の選手なのに、なかなか演技構成点しかくれないジャッジにはやきもきされ続けてきたので、

「遅いよー(怒)でもま、今回の事で少しだけ(←ここ重要)許す!
もしまた点数出し渋るようなら許さんぞー!!!」

って感じですが。
今まですばらしい演技を続けていた彼女には今回演技構成点が伸びたと言う事は一番のご褒美なのではないかな。
良かった。
実際昨シーズンからのあっこちゃんの試合数、アイスショーの出演は半端ないですから。
あんなきついスケジュールで身体や気持ちも持つのかなぁと少し心配してました。
でもようやく第1線の選手と点数のうえでも認定された感じで安心。
ま、この演技構成点は試合の出来、不出来に比例しないところがどうなのよと思わなくもないけど、今はこの話はやめておきましょう。
まずはあっこちゃんの躍進を讃えてあげたい!頑張ったね!

これでミキティーとあっこちゃんはグランプリファイナル確定です。
佳菜子ちゃんを合わせると6人中3人が日本人!
やっぱ日本は男子女子ともにレベル高いなぁ。



そして私が今回のロシア杯で一番気にかかっていたのは川口さん.スミルノフペア。
だって川口さんは肩の手術をしてから初めての試合でしたから。

肩の調子はどうなんだろう?
どんなプログラムなんだろう?
仕上がり具合は?
ジャンプの構成は?
衣装は?

えぇ、気になる事たくさん。
そしてようやく見られたフリー「月の光」


すんばらしぃ〜!
まず衣装がいいね。
そしてプログラムもいいね。
解説のおじちゃん大興奮。「ブラボー」連発。
ロシア語なので何を言ってるのか分からないけど大興奮なのは伝わってきます。
そして演技が終った瞬間のタマラコーチの嬉しそうな顔がグッときました。
愛だなぁ。素敵な師弟関係ですよね。

やっぱり川口さん達の正統派の演技、私大好きです。
川口さんは姿勢もきれいだし、手の使い方もきれいだし。
スローツイスト(呼び方合ってる?)の後、足をびしっと上げてポーズを決める瞬間しびれるねぇ。
やっぱバレエなんですよ。

昨シーズンの「白鳥」も大好きだったけど、この「月の光」も同じぐらい好きかも。
これがシーズン通してどういう風に変化してくれるか楽しみ。
ジャンプは上手にまとめててすばらしかったのですが、私がグッときたのが並んでするスピン。
二人のあの距離見た?なんであんなに近くで回れるんだろう。
少しでも二人の動きがずれたらすごーく危ないんですよ。
ペアでスピンの時の事故をよく見るのでいつもドキドキ。
川口さんとスミルノフ君の二人のスピンはぴったり。すごーい、すごーい!!!
あんなに近くでぴったり息のあったスピンをされるとまさに「ブラボー」って感じ。


実はシーズン始まる前にフリーが「月の光」をやると知って私は少し心配でした。
もちろんこの曲はしっとりしていてとても素敵な曲です。
ただ盛り上がる曲ではないので、曲が助けてくれないんです。
最近のフィギュアは盛り上がる曲を使い観客にアピールするのが流行りで、こういった正統派の音楽はなかなか評価されづらいのです。
真央ちゃんが2年前に同じ曲をショートプログラムを使っていたのですが、実際会場で見て難しい曲だなぁと思いました。
ただそれをペアで滑るとどんな感じになるのか興味もありました。


そしてスケートアメリカでライバルのドイツペアが「ピンクパンサー」とこれまた感客受けするプログラムを滑り、会場大盛り上がり。
私も思わずスタオベでした。
それだけに川口さん達のプログラムはとてもとても気になっていました。
が、見事に私の心配を吹き飛ばしてくれるほどのすばらしいプログラムでした。
お見事!


スロージャンプや、ツイスト、サイドバイサイドのジャンプなどの事は分かるのですが、リフトなんかは分からんちん。
ですが最後のリフトは半端ないというのは分かります。
よく持ち上げられた状態であのポジションにもっていけるよなぁ。
でも掲示板情報によるとあのリフトノーカウント扱いだったとか?
なんで?
やっぱペアのルール難しい。
もっと知りたい!
ツイッターのスケート関連では大絶賛のコメント多々。
そう、良いものは良いんです!

そして川口さん、お誕生日おめでとー!
私達の方が素敵なプレゼントをもらっちゃた気分です。ありがとうー!!!

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-11-23 01:55 | スケート
昨日はたくさんの応援『ぽち』ありがとうがいました。
すごい数にびっくり。
すごーく励みになります。ありがとうございます!
これからも張り切って更新していきます!


さて昨日は末っ子の誕生日会を我が家でやりました。
末っ子は4歳になりました。
誕生日会は自宅で日本の夏祭り風にしようと張り切った私。
プリスクールの友達3人と家族ぐるみで付き合いのある2家族子供6人を招待しました。

今朝は朝から用意に大忙し。
家を掃除して、ヨーヨー釣りやゲームの用意をして、オットには消防車のケーキを作ってもらいました。
c0080075_139278.jpg

風船をドライブウェーの木にくくり付けて初めてうちに来る人達にも分かりやすいよう目印にして。料理もそろい、準備完了と思っていた時、

「病気だから」

と1家族から電話。
そしてそのファミリーに一緒に連れてきてもらうはずだったもう一家族の3人の子供達も自動的にキャンセル。

「病気だからしょうがないか。お友達3人の小さなパーティーも目が行き届いていいかも」

と気持ちを切り替え、プリスクールの友達を待ちました。
しかし結局3人のうち2人は来てくれたものの、一人は何の連絡もなしにきてくれませんでした。
9人のうち7人もの当日キャンセル......。
カナダでは約束していても来ない事はよくある事なのでなれっこになっていたものの、子供の誕生日にこういう事になるのはあまり気分のいいものではありません。

末っ子もすごく楽しんでたし、2人に付き添ってくれたお父さん達と色々と話もできてオットも良かったんじゃないという感じ。
もちろんそれはそれで良かったって思います。
でもね、なんだかすっきりしない。
みんな満足だけどなんだか私一人もやもや。

確かにこじんまりして楽しいパーティーだったけど........。
しょうがないことなんだけど..........。
こんな事なら近所のお友達も誘いたかったな........。
大人数だと目が行き届かないしと声をかけなかったのに.....。
昨日の夜はなんだかぐったりしてました。なんだかとっても疲れました。


でも今朝は復活です。昨日は思いっきりスケート三昧で夜更かしできたし。
末っ子は昨日もらったプレゼントで朝から楽しそうに遊んでるし。
そう、そう、彼が嬉しそうにしてるのが一番大切な事ですものね。

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-11-22 01:42 | 子供達の事