カナダ.バンクーバー近郊でケータリングサービスをしています。日々の生活、大好きなスケート、そして子供達の事を綴ります。


by precioushearts
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

不安的中

昨日の夜7時過ぎに長女と次女を迎えに近所のJちゃんのお宅に行ってきました。
あまのじゃくで寂しがりの次女が楽しい時間を過ごせているのかすごく気になっていました。Jちゃんのお宅のドアをあける瞬間

「どうか次女が笑っていますように」

と祈るような気持ちでした。
ドアを開けるとニコニコとJちゃんママが迎えてくれて、大はしゃぎの長女とJちゃん、そしてもう一人の近所の女の子Tちゃんが玄関まで走ってきました。
Tちゃんは今朝までは突然の近所のお友達に戸惑いがちだったのですが、もうすっかりみんなと打ち解けたようで、Tちゃんのあんなにはしゃいだ姿は初めて見ました。
Jちゃんママも
「みんなすごく楽しんでるわよ。時間があっという間に過ぎちゃった」

が、私は次女の姿が見当たらないので部屋の奥を見ると、一人ソファーの隅でヘッドホンをして音楽を聴いている彼女の姿が見つかりました。
私の姿にも全く反応を示さない次女におかしいなぁとは思いつつ、きっと集中してるんだろうと思って近寄ると、次女の目は悲しそうでした。
「帰るよー」と声をかけても全く動きません。
もしかして寝てるのかな?と思うぐらい全く反応しないのです。
何度か声をかけてヘッドホンを外し、Jちゃんママにお礼を言ってから長女と次女を車に乗せました。
車の中ですごく楽しそうだったと話をしてくれる長女とは対照的に、次女はお土産で持たせてくれた夕食の残りのピザが長女のと同じ入れ物に入っている事に腹を立てていました。
きっとみんなになじめなくて嫌な思いをしてたんだろうと思い、家に着くと長女と末っ子はすぐにベットに入らせて、お腹がすいたと言う次女にお土産のピザを食べさせながら話を聞いてみました。

「みんなLynnのこと仲間はずれにしてずーっと一人だった」

長女に聞いた話では「一緒に遊ぼうよ」って何度も声をかけても全く仲間に入ってこなかったんだそうです。
やっぱりなぁ。
素直でない次女はばっちりのタイミングでちょっとしたきっかけがあれば仲間に入れるのですが、少しでもそれを逃すと頑なに仲間に入るのを拒否するのです。
素直になれない彼女は「一緒に遊ぼー」が言えないのです。
そして楽しそうなみんなを見て腹を立て、さらにどんどん悲しくなるのです。

はぁ.........。やっぱり不安的中。


さらに学校での様子を聞いてみると、休み時間中も一人でいるとの事。
「みんなと遊んでいてもすぐに仲間はずれにされて一人になっちゃう。」
との事。
まだ英語環境でなかなか言いたい事が言えないので友達を作りづらいのはしょうがないのですが、問題は次女が『仲間はずれにされている』と思ってしまうところだと思います。
次女には「仲間はずれにしているのではなくて、Lynnぐらいの子達はどんどん違う事が気になるからたまたまLynnが置いてけぼりを食らうだけなんだよ。でもすぐにみんなと仲良く遊べるようになれるよ。」と言っても釈然としない感じ。
その後は学校のクラスでの話をしたりして少し気分が良くなったようなので、寝る準備をしてから二人で上のベットでおしゃべりしたり本を読んだりしていました。
ちょうどオットも釣りから帰ってきて、オットと私で次女をはさむように本を読んでいたら、いつの間にか次女は気持ち良さそうに眠っていました。


オットにやっぱり次女はプレイデートでみんなと一緒に楽しく遊べなかった事や、迎えに行った時に死んだような目でヘッドホンから音楽を聴いていた事などを話していたら、なんだか彼女が可哀想で涙があふれてきました。
オットとも以前から
「次女は学校に上がったらきっとお友達関係では苦労するだろうなぁ」
と言っていたのですが(これは英語の問題だけでなく、彼女の性格的に)、まさにその不安がどんぴしゃり。

「やはり次女には何か彼女が熱中できる事を見つけてあげなくてはいけないね」

と二人で話しました。
次女はとても頭が良い子ですし、何をやらせても3歳上の長女よりもきまっています。
なので頑なで寂しがりやな彼女を輝かせてあげる何かを見つけてあげなくては。


まずは今日アボツフォードであるマルティカルチャーフェスティバルに次女も連れて行こうかと思っています。
最初はブースでお手伝いするのに次女がいればかなり大変なので、オットに頼み末っ子と二人はお留守番組にするつもりだったのですが、次女こそどんどん色んなところに出て、色んな人に会い、いろんな物を見る事が大切だと思います。
すこーし想像しただけで会場で私や長女に対して彼女の悪態をつく姿が目に浮かびますが、いや、いかん、いかん。
気のせい、気のせい。
長女とともに彼女にも浴衣を着せて戦力として日本語学校のために働いてもらわなくては。
と言う事で今日アボツフォードでマルティカルチャーフェスティバルあります。
近くに来られる際には是非見に来てくださいね。
お祭りの情報はこちらからどうぞ。

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますのでこれからも『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-09-18 22:20 | 子供達の事