カナダ.バンクーバー近郊でケータリングサービスをしています。日々の生活、大好きなスケート、そして子供達の事を綴ります。


by precioushearts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

見どころたくさん☆ロシア杯

さむーい、ぶるぶるぶる。
気温マイナス8度。風が強いから体感温度はもっと低いかも。
この前まで11月なのに温かいなんて話してたのに、なんだこの変わりよう。
南国育ちの私には辛いよ、この寒さ。


さてロシア杯終っちゃいましたね。
女子はミキティーとあっこちゃんのワン.ツーフィニッシュ。
ミキティーは腰の怪我を抱えながらも上手に演技をまとめての逆転優勝。
背中のテーピングが痛々しかったですよね。
でも以前の彼女なら演技がぼろぼろになってかもしれないのに、今回は強くなった姿を見せてくれました。
今シーズン終ったら来季は一年お休みすると宣言しているミキティー。
これほどすばらしい選手になった彼女の姿を一年見られないのはとっても残念だけど、その分、今年はミキティーの演技を目を見開いて見ておかなくては。
充実したシーズンを過ごして最高の演技を見せてほしいな。

あっこちゃんはフリー後半のルッツのすっぽ抜けがもったいなかった。
あれが決まっていたら彼女の優勝だったでしょう。
ただまだシーズン前半。
勝ち負けよりも、今回あっこちゃんの演技構成点が上がってきたのが一番の収穫。
本当はもっと早くからもっと高い点数をもらっても当たり前の選手なのに、なかなか演技構成点しかくれないジャッジにはやきもきされ続けてきたので、

「遅いよー(怒)でもま、今回の事で少しだけ(←ここ重要)許す!
もしまた点数出し渋るようなら許さんぞー!!!」

って感じですが。
今まですばらしい演技を続けていた彼女には今回演技構成点が伸びたと言う事は一番のご褒美なのではないかな。
良かった。
実際昨シーズンからのあっこちゃんの試合数、アイスショーの出演は半端ないですから。
あんなきついスケジュールで身体や気持ちも持つのかなぁと少し心配してました。
でもようやく第1線の選手と点数のうえでも認定された感じで安心。
ま、この演技構成点は試合の出来、不出来に比例しないところがどうなのよと思わなくもないけど、今はこの話はやめておきましょう。
まずはあっこちゃんの躍進を讃えてあげたい!頑張ったね!

これでミキティーとあっこちゃんはグランプリファイナル確定です。
佳菜子ちゃんを合わせると6人中3人が日本人!
やっぱ日本は男子女子ともにレベル高いなぁ。



そして私が今回のロシア杯で一番気にかかっていたのは川口さん.スミルノフペア。
だって川口さんは肩の手術をしてから初めての試合でしたから。

肩の調子はどうなんだろう?
どんなプログラムなんだろう?
仕上がり具合は?
ジャンプの構成は?
衣装は?

えぇ、気になる事たくさん。
そしてようやく見られたフリー「月の光」


すんばらしぃ〜!
まず衣装がいいね。
そしてプログラムもいいね。
解説のおじちゃん大興奮。「ブラボー」連発。
ロシア語なので何を言ってるのか分からないけど大興奮なのは伝わってきます。
そして演技が終った瞬間のタマラコーチの嬉しそうな顔がグッときました。
愛だなぁ。素敵な師弟関係ですよね。

やっぱり川口さん達の正統派の演技、私大好きです。
川口さんは姿勢もきれいだし、手の使い方もきれいだし。
スローツイスト(呼び方合ってる?)の後、足をびしっと上げてポーズを決める瞬間しびれるねぇ。
やっぱバレエなんですよ。

昨シーズンの「白鳥」も大好きだったけど、この「月の光」も同じぐらい好きかも。
これがシーズン通してどういう風に変化してくれるか楽しみ。
ジャンプは上手にまとめててすばらしかったのですが、私がグッときたのが並んでするスピン。
二人のあの距離見た?なんであんなに近くで回れるんだろう。
少しでも二人の動きがずれたらすごーく危ないんですよ。
ペアでスピンの時の事故をよく見るのでいつもドキドキ。
川口さんとスミルノフ君の二人のスピンはぴったり。すごーい、すごーい!!!
あんなに近くでぴったり息のあったスピンをされるとまさに「ブラボー」って感じ。


実はシーズン始まる前にフリーが「月の光」をやると知って私は少し心配でした。
もちろんこの曲はしっとりしていてとても素敵な曲です。
ただ盛り上がる曲ではないので、曲が助けてくれないんです。
最近のフィギュアは盛り上がる曲を使い観客にアピールするのが流行りで、こういった正統派の音楽はなかなか評価されづらいのです。
真央ちゃんが2年前に同じ曲をショートプログラムを使っていたのですが、実際会場で見て難しい曲だなぁと思いました。
ただそれをペアで滑るとどんな感じになるのか興味もありました。


そしてスケートアメリカでライバルのドイツペアが「ピンクパンサー」とこれまた感客受けするプログラムを滑り、会場大盛り上がり。
私も思わずスタオベでした。
それだけに川口さん達のプログラムはとてもとても気になっていました。
が、見事に私の心配を吹き飛ばしてくれるほどのすばらしいプログラムでした。
お見事!


スロージャンプや、ツイスト、サイドバイサイドのジャンプなどの事は分かるのですが、リフトなんかは分からんちん。
ですが最後のリフトは半端ないというのは分かります。
よく持ち上げられた状態であのポジションにもっていけるよなぁ。
でも掲示板情報によるとあのリフトノーカウント扱いだったとか?
なんで?
やっぱペアのルール難しい。
もっと知りたい!
ツイッターのスケート関連では大絶賛のコメント多々。
そう、良いものは良いんです!

そして川口さん、お誕生日おめでとー!
私達の方が素敵なプレゼントをもらっちゃた気分です。ありがとうー!!!

*いつも「ぽちっ」としてくださりありがとうございます。すごーく嬉しいです。
励みになりますので今日も『ぽちっ』とよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

[PR]
by precioushearts | 2010-11-23 01:55 | スケート